天下人2人が直接対決した
小牧・長久手の戦い

「長久手での秀吉軍の敗戦は単なる局地戦の敗戦ではなく、まさに日本の中心である京までも騒乱に堕れる一大事だった(※2)」といわれるほど、当時の人々が大騒ぎした大激戦がここ長久手で起こった。これを長久手合戦という。

時は天正12年4月9日

天正12年(1584)4月9日、豊臣秀吉と織田信雄・徳川家康連合軍が、長久手にて激しくぶつかり合う。秀吉軍の名将池田恒興、長男元助、恒興の娘婿で鬼武蔵と恐れられた森長可が討死。多くの戦死者で血の川がながれたといわれる長久手の合戦は秀吉軍の敗戦に終わる。

「激戦の終結は、午後2時ごろ。家康は4時半頃に北の小幡城へ入る。これを聞いた竜泉寺近くにいた秀吉は、家康を攻撃しようとしたところを諸将に朝まで待つように言われ思いとどまり、一方家康は秀吉に夜襲を掛けようという家臣を退け夜の8時頃ひそかに小幡城を出て小牧山に帰った。翌朝、これを知った秀吉は仕方なく自分の本営へ帰った(※1)」という。

歴史の「もしも?」に思いを馳せる

「もう1時間長久手から引き上げるのが遅れたら、あるいはもう1時間早く竜泉寺へ来ておれば、両軍は大森あたりで激突したはず(※1)」。もしかしたら、秀吉の天下が無かったか、はたまた家康の天下が無かったかと歴史の「もしも?」に思いを馳せる。この激戦の後、同年11月、秀吉と信雄の間で和議がなされ、8ヶ月にわたる「小牧・長久手の戦い」が終結。この戦は、信長政権から「豊臣政権の成立過程を理解する上でも非常に重要なテーマ(※2)」を持ち、家康は秀吉に臣従するが、後に江戸幕府を開設していく力を貯えたといわれる大変重要な戦いであった。(※2)

*1= 『長久手町史 本文編』 *2=『香流川物語』より

長久手合戦の史跡1

ここで散った名将たちの塚や名も無き人々を弔った塚。

長久手合戦の史跡2

ここで戦った人たちのいろいろな生きざまを感じてみて!

古戦場公園
長久手市郷土資料室

長久手合戦400年を機に古戦場公園内に開館。1階には「小牧・長久手の戦い」に関する資料があり、2階には長久手に伝わる「棒の手」などの民俗資料が展示されています。
営業時間 9:00 ~17:00( 入室は16 : 30 まで)
休業日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
駐車場 無料 普通車/49台
入館料 無料
住所 武蔵塚204
TEL 0561-62-6230

長久手合戦の資料

長久手合戦の資料は郷土資料室でもらえます。

おみやげ

長久手合戦関連のおみやげはこちら