猿投山西南麓古窯跡群(猿投窯)は東海地方最大の窯跡群で、5世紀前半の須恵器生産に始まり、14世紀に山茶碗生産を終えるまで約900年間、大規模な生産が続けられた。瀬戸窯や美濃窯、常滑窯の母体として先進的な地位にあったとされる。長久手はこの猿投窯に属し、飛鳥時代(7世紀後半)に作られた須恵器(市指定文化財 丁子田1号窯・市ヶ洞1号窯出土刻銘須恵器10点)が当時の都へ運ばれていたと推測される。

その後、平安時代に灰釉陶器を焼いた三ヶ峯第3号窯(市指定文化財)と山越第1号窯。鎌倉時代に山茶碗を焼いた三ヶ峯第1号窯や第7号窯が確認されている。また、古墳は6世紀以降のものが11基以上あり、香流川上流域の開発者集落の統率者や有力階層が被葬者だと考えられる(市指定史跡 神明社第2号古墳)。